無担保ローンの審査を有利にする秘訣

無担保ローンは、担保の提供無く融資が受けられるので、担保や保証人を用意できないという方でも利用でき大変便利なローン商品です。

しかしながら、当然融資を受けるものなので、それに伴い審査は行われますから無担保ローンをなんとか利用したいという方は、この審査をどうやったら上手く通過するか知りたいところだと思います。

では、審査を有利にする秘訣とは何か?という部分を少しご紹介すると、やはり審査を有利に運ぶには「安定した収入」=「返済能力有」という事になりますので、お金を借りる以上安定した収入を得るという事が基本だと考えておくべきです。

ですから融資の申込みを検討中の場合は、この部分がクリア出来るか否かをまず考え、利用も十分に検討されるべきです。

更に無担保ローンを利用するにあたり審査を有利にするなら「正規雇用者」という事がベストですから、この部分もクリアになると大変いいですが、仕事に関してや収入に関しては、人それぞれですし、当然人により正規雇用が難しい方もおられますので、こうした部分はある程度仕方がないにしても審査を有利に運ぶには、やはり「他社利用なし」もしくは「小額で2件程度」までと覚えておく事も大切です。

勿論無担保ローン商品を扱う会社の中には、他社利用4件でも審査可決例もあります。

しかし、その場合収入が安定しているとか、正規雇用者という事が必要で、返済能力があるとみなされる方のみなので、バイトで生活していて、尚且つ年収の30%以上の借入れをして要る場合は審査は当然否決となります。

また、この条件で尚且つ他社利用4件ともなると審査は当然否決傾向と思われますので、審査を有利に運ばせるためには、無理な借入をしない心がけが非常に重要になってきます。

要するに審査を有利にしたいなら、端的に言えば「正規雇用者」になり、「収入を安定させ」「他社利用なし」の「居住年数が長い」という等の条件にすると間違いなく無担保ローンの審査は可決します。

ですが、人により生活においての形はそれぞれですし、当然すべてをこのような条件にすることは人により厳し不可能ですから、無担保ローンを何とか借りたいという場合は、やはり「借入はほどほどにする事」と、「計画的にきちんと利用する」事が重要となり有利な審査結果にする事になります。

 

無担保ローンの審査の基本

無担保ローン商品は、現在非常に数多くありますし、種類も色々です。

またその商品を扱う場も多く銀行、信販会社、消費者金融とあります。

それをすべて含め無担保ローンの審査を考えると、審査は各金融機関、金融業者により異なります。

当然、無担保ローンを利用する方の希望限度額により審査の柔軟性も異なりますし、申込者の借入状況によっても審査の可否は異なります。

ですが、ひとつ言える事は、無担保ローン商品を条件よく提供する金融機関では、無担保ローン商品に伴う審査もやはり厳しいと考えられます。

つまりそれは、金利の低い銀行のローンという事になるわけですが、銀行が扱うカードローンである無担保ローンは、銀行のローン商品という事で貸金業法により定められる総量規制の対象外であり、返済能力が認められる事により年収の3分の1以上でも融資されます。

更に銀行の無担保ローンは、先に紹介するように金利が他金融業者よりも低く、おまとめ相談や借換え相談の対応もしてくれますので、大変便利です。

しかし、当然こうした条件の良い銀行の無担保ローンに伴う審査は厳しいもので、多くが「安定した収入」を求められる事となるため、パートで働いているとか、バイトで生活している等の非正規雇用者は審査する以前に申込み時点ではじかれてしまうケースが非常に多くなるので条件の良い無担保ローンとなる銀行の金融商品への申込みを検討する場合は、正規雇用者である事が審査においても有利という事になります。

つまり条件のいい無担保ローンを利用するには、やはり審査におけるスコアリングが高い方が有利ですし、返済能力を重視されますので、会社員等の正規雇用者が有利となります。

逆に無担保ローンの利用を検討する方がバイト等で生活している場合は、銀行の取扱う無担保ローンははじかれるケースも多いので、銀行のローン商品よりも他金融業者による無担保ローンの方が審査も可決しやすいということになります。

勿論、バイトやパートで生活する方だけでなく、正規雇用者という場合でも他借入先による延滞等がある方は当然、返済能力に関わる事故歴があることになりますので、条件のよい無担保ローンへ申込んでも否決になる傾向ですし、可決する事は難しいと考えられますので、どんな条件であろうと、融資を受ける、もしくは受けている場合は、計画的な返済が信用性につながり、ピンチの時にも重要という事なのです。

 

 

無担保ローンの審査とは

無担保ローンの審査基準は、無担保ローンを申込みする金融機関、業者により異なります。

銀行の無担保ローンを申込みする場合、銀行のローン商品の審査は、一般に年収に占めるローンの残高が3割(30%)以内である事が基本となります。

この30%という水準なのかは、銀行の場合法律で決められている云々というより、基本的に借入、返済、生活という部分を重視して審査が行われるため、30%の水準がその生活が成り立ち尚且つローンの返済も可能と考えるからなのです。

又、この30%の水準を上回り借入する場合、多くの場合が返済をキツイと思うようになりますし、尚且つ返済のために新たな借入をしようとするケースが多いので、この水準を基準に審査が行われます。

ですから既に今、申込みを行う以外にも借入がある場合は、この年収の30%を確認し、もしその水準を超えているという場合は、返済のための借入をしない事が重要で、新たな借入をするなら生活の見直しを図り、返済原資というものをきちんと確保し、確実かつ着実にローンの残高を減らすような努力が必要です。

法律等でも個人がローンを組めるのは、年収の3分の1までの借入総額と制限されていますが、銀行による審査は、法律で決められているからという事ではなく、あくまでその水準を上回る事で、生活が苦しくなる、もしくは返済が非常に負担になり新たな借入の危険性が出てくる事から、そのような部分を基本に審査が行われています。

無担保ローンの審査は、各金融業者や金融機関により異なりますが、銀行の無担保ローンの審査では、この年収が30%の水準を上回らない事が審査可決か否か検討材料となり、その結果30%の水準を超えるとやはり審査は厳しい結論になると思われます。

勿論、消費者金融等は、法律により貸付における制限が設けられているため年収の3分の1以上のローンは組めませんし、審査においてもこの部分は重要になるので、銀行にしろ、消費者金融、信販会社にしろ、借入の状況を見ながら今現在の負債がどの程度あり、それで借入、返済、生活と無理なくできているか?等を確認し、審査が行われているわけです。